女性

コンプレックス解消

先生

ほくろ除去は美容整形クリニックなどで気軽にできるようになっています。そして、実際にほくろ除去を行っている人も増えてきています。コンプレックスを解消して、楽しく化粧をする事もできるので、今後もほくろ除去を行う人は増えるでしょう。

少しずつ除去する

先生

顔のほくろは人によっては運勢との関わりを気にするものであるため、整形でほくろ除去したいと思っても家族に反対されることがあります。そのような場合は、大きくて目立つほくろならサイズを小さくすることで場所を変えずに整形できます。数が多い場合は、回数を分けて少しずつほくろ除去をすることもできます。

悩みを気軽に解消

女性

コンプレックスとなっているほくろは除去することができます。整形によるほくろ除去はレーザーによる簡単な施術で行います。カウンセリングではほくろの根の深さを見て施術の進め方を決めたりメラノーマでないかを診断します。

ほくろの目立たない肌に

整形

3種類の治療方法

美容整形外科では、大きく分けて3種類の方法で、ほくろ除去がおこなわれています。まずは、最も古くからおこなわれている切除および縫合です。これは、ほくろを中心に皮膚を紡錘形に切除して、その後周辺の皮膚を縫い合わせて塞ぐという整形手術です。これにより膨らんだほくろは除去されますし、多少黒い色が残ったとしても、周辺の皮膚をかぶせるような縫合により、目立たなくなるのです。次にダイオードレーザーによるほくろ除去ですが、ダイオードレーザーとはメラニン色素に高熱を与える性質のあるレーザーです。そしてほくろは、メラニン色素が局部的に多く集まることでできています。そのためダイオードレーザーを照射すると、メラニン色素に与えられた高熱によってほくろは焦がされ、かさぶたとなってはがれていくのです。また、炭酸ガスレーザーによるほくろ除去もおこなわれています。炭酸ガスレーザーは、皮膚を削る力のあるレーザーです。そのためほくろに照射すると、徐々に削られていくことで物理的に消滅します。これは、イボのように膨らんだほくろの除去には、特に有効とされています。目立つほくろに悩む人は多くいますが、美容整形外科で上記のような治療を受けることで、その悩みは解消されるのです。

より美しい仕上がりに

また、昨今の美容整形外科では、ダイオードレーザーと炭酸ガスレーザーとを組み合わせたほくろ除去もおこなわれるようになっています。炭酸ガスレーザーでほくろ除去をおこなうと、肌表面にくぼみができてしまうことがあります。メラニン色素が皮膚の深い部分に沈着していた場合には、それを削り取っていくうちに、深い穴が開いてしまうことになるのです。しかし、膨らんでいる部分のみを炭酸ガスレーザーで削り取り、残りのほくろをダイオードレーザーで焼くという方法なら、くぼみができにくくなります。最初からダイオードレーザーで焼くよりも手早く、なおかつ炭酸ガスレーザーのみを使用するよりも美しく、ほくろ除去をすることができるわけです。また、切除や縫合による整形手術の場合は、傷跡が残ることもあります。しかし上記のレーザー治療の場合は、かさぶたがはがれ落ちれば、その下から新しく誕生した皮膚が出てきます。傷跡が残るどころか、むしろ白く艶やかな状態となりやすいのです。新たにメラニン色素が沈着しないよう、美容整形外科では保護テープなどを使ったケアもおこなわれますし、その分美しい仕上がりが期待できます。こういった理由から、ほくろ除去にレーザー治療を選択する人は増えていくと予想されています。

気になる部分を治す

女性

ほくろ除去が整形を使うことによって簡単に行われる時代になりました。難しいと言われた、ほくろのみの除去が簡単にできるようになったので、悩んでいる人も行きやすくなりました。除去はすぐに終わってその後も面倒はありません。